ホットプレートはこんなところに収納してます。

先日、見て見ぬ振りしてきたお風呂場の念入り掃除をして、とは言ってもオキシ漬けなので私の労力ゼロ!まるで新品のようにキュッキュッと鳴る感覚はとても気持ちがいいものです。

さてさて。
今日はこれ、なーんだ?
って、タイトルでバレてるって。笑
じゃーん!
ホットプレート〜!

ほこり除けに3coinsのクリアボックスバッグに入れてます。IKEAにも似たような物がありますね。昔ながらの丸型ホットプレートを使っている我が家。ホットプレート料理は私もラクで娘も主人も喜ぶので出番が多め。

この3coinsの収納バッグ。
半透明でとても使いやすいと思います。
◎ビニールなので汚れたら水で洗い流せて、乾きが早い
◎マチ付きで大物も入る
◎持ち手付きで移動に便利
◎透明なので、なんとなく入ってるものが把握できる
◎大きく口が開くため、入れやすさ抜群!
◎サイズ展開も数種類ある
ぜひ店頭でご覧になってくださ〜い。
ホットプレートを使うと面倒なのは油はねですよね。けっこう飛び散ります。ということで油はね防止のためテーブルの上に敷く新聞紙や頂き物のレジャーシートもいっしょに入れておき、準備の手間を省いています。焼き肉なんぞ始めて「あ!敷くの忘れた!」って慌てないための事前準備です。
で。どこに収納してるのかって、なんとテレビ台に収納してるんです。多くの方は当たり前のようにキッチン周りに収納してると思います。

我が家にとってのベストポジションはここ!使う場所の近く&家族がスムーズに準備ができる場所であることです。「お肉や野菜切ってるから、ホットプレートの準備よろしく〜!新聞紙やシートも敷いてね〜」と言うと、テレビを観ながらでも「OK!」の返事がもらいやすいのです。

高いところに仕舞い込んでは、取り出しに面倒だと感じてしまい、使う頻度が減ってしまいます。使用頻度を上げたいものは上から下へ下ろしてみてはどうでしょうか。

物の価値は使ってなんぼ!

たまにしか使わない物を上から下ろしたら、案外息を吹き返すかもしれません。

ここにあって当たり前の思い込みを捨て、家族が協力しやすい仕組みをどしどし作って、お母さん1人の家事負担を減らしていきましょう!
洗い終わったら主人や娘に手渡すと、サッと元に戻せます。

脚立に上って、ヨイショと戻さなくていいんです。

あなたにとってのホットプレートのベストポジションはどこですか。

整理収納サービス Needs Tokyo

"私らしく生きるヒントは暮らしの土台を整えることから始めよう″をコンセプトに、片付けレッスンや暮らしにまつわる講座を展開。整理収納アドバイザーの知恵と暮らしのブログも発信中!

↓↓↓ブログランキングに参加しました。応援よろしくお願いいたします♡